一定期間無利息の消費者金融の注意点

消費者金融業者の中には、一定期間無利息というサービスを導入しているところが複数あります。これは読んで字のごとく、その間は金利が一切かからないというサービスです。大抵は30日間に設定されています。注意点としては、これは初回のみのサービスである点です。すでに契約をしている人が追加で利用してもその恩恵を受けることはできません。これはあくまで、新規の顧客の獲得を目的としているサービスだからです。

また、この一定期間無利息の期間が過ぎた場合には、通常通りの利息がかかる点にも注意が必要です。もちろん、契約の際にその説明を受けているのが普通ですので、間違う人はいないと考えられますが、うっかりその期間を過ぎてしまった場合には、支払いをする必要があります。特に、その期間内に金策をして元本を返してしまおうと考えていたのであれば、無利息期間が過ぎてしまわないように確認をこまめにするようにしてください。

そして、消費者金融を利用するきっかけが無利息期間である場合には、使い過ぎに注意しましょう。いくら無利息期間があるとはいえ、それ以降は普通に利息がかかってきます。そして、一般的に消費者金融の利息は利息制限法の上限金利に設定されているため、銀行等から目的別に借りるローンと比較すると、高くなっています。手軽に無担保で利用できるというメリットは、時に使いすぎるというデメリットにもつながります。したがって、計画的に利用するよう心がけましょう。
参照サイト